あなたが今行っている資金運用、投資についてどれ程の自信をお持ちですか?ここでは【勝つため】の投資顧問選びに必要となる情報をさまざまな角度から検証しておりますので、どうぞご参考になさってください。

外貨ネクストネオとみずほの投資顧問について

現在のほとんどの上場企業では、投資顧問と契約しています。外貨ネクストネオとみずほであっても同じです。
これは、一時期に日本の上場企業が、外資系からのM&Aを仕掛けられたことが一番の要因です。それまでの日本の上場企業では、自身の会社が資本買収されるなんて想定していなくて、無防備状態だった企業が多くて、多くの企業が外資系企業から資本提携や経営権の乗っ取りなど、様々な資本攻撃を受けたのです。この時には、企業防衛のために、多くの企業が傷つきました、資金力だけでは防衛できなかったからです。効果的な戦術を打つことができなかったのです。
それ以降、多くの企業は、企業防衛のための投資顧問と契約しました。
その投資顧問は、証券会社であったり、投資ファンドであったり、様々ですが、投資顧問と契約することで、普段から企業自体の弱点はないのか、といった目線で点検チェックをし、欠点があれば修正するなど、企業防衛を主眼に置いた業務契約となっているのです。
本来の投資顧問のイメージは、個人や企業の資産運用と思う人が多いのではないでしょうか。
資産運用方法として、一般的な株式市場や債券市場だけでなく、FX市場や各国の国債など、運用形態は非常に多く、素人が手を出すと損失を被るなど、難しく複雑になっています。
ただ、複雑だから投資顧問と契約しているのではなく、日本の公定歩合がゼロ金利政策をしているために、日本における資産運用だけでは、資産価値が目減りしていくからです。
こうした背景もあり、多くの個人や企業が契約しているのです。
日本も一昔前までは、金利も高く、運用しなくても、銀行にお金を預けるだけで、預金利息ももらえたのですが、現在はほとんど利息がつかないからです。