あなたが今行っている資金運用、投資についてどれ程の自信をお持ちですか?ここでは【勝つため】の投資顧問選びに必要となる情報をさまざまな角度から検証しておりますので、どうぞご参考になさってください。

投資顧問になる為の問題集として大和証券

投資顧問というのは株式や債券などのいわゆる有価証券に関しての投資判断、内容的には種類や銘柄、数、価格、売買のタイミングなどを、専門家として投資家にアドバイスする職業になります。 そして投資顧問業務には大きく分けて「投資助言業務」と「投資一任業務」があります。
ポイントは投資顧問というのは特定の資格を必要としなく、なろうと思えば誰でも可能となるのです。その理由として投資というのはどれだけ問題集を見て勉強をしても、生きているものであり、刻一刻と変化していくので学びようがないのです。ただし金融庁に登録する必要が出てきて、申請して受理されれば誰でもなることができるのです。
もっとも登録申請に関しては業務の概要を説明する質問票の提出が必要となってきて、さらに当局による約2ケ月の審査期間が設けられているので実際のところは誰でもなれるわけではありません。それでも資格試験などは必要なく、大和証券など大手の証券会社で勤めていれば自然と身につく基本的なものでいいのです。
ただ別の意味では誰でも大和証券など大手に入社できるわけではなく、そのための問題集というのも販売されているわけではないのです。法律的に誰でも可能ですが、一般的な問題集を解いていき試験をパスするよりも、別の意味では難しいものかもしれないのです。しかしながら大和証券など関連企業に勤めていれば申請も簡単に通りますので、サラリーマンとして働くのとは別に投資顧問という仕事を得ることもできます。どちらが得かはその人の考え方次第ですが、顧問というのは顧客が付かなければいけなく、そういった意味ではかなり難しいものがありますが、自分の実力で勝負できるので成功の可能性も高いのです。